久永製作所について

トップページ  »  久永製作所について  »  安心・安全なめっき加工

安心・安全なめっき加工

食品添加物を使用した安心・安全なめっき加工

久永製作所は、ボタンホックの金型・プレス加工に加え、近年、めっき表面処理加工まで自社内で生産可能な設備拡張を目指してきました。めっき表面処理加工は、装飾品としての色付け目的の他にも、耐腐食性や耐摩擦性能を付与する意味でも必要な処理で、電気めっき、化成処理、塗装など、用途に応じて表面加工を行います。その中でも、生産量の多いニッケル金属アレルギー対策としてのスズ銅合金電気めっきは、従来の製造工程で、青酸カリウムや青酸ナトリウム(毒・劇物質)が多量に使用されている現状がありました。

そこで、当社では業界に先駆けて2007年から、青酸(シアン)化合物を使用しないめっき技術確立を社目標の柱とし、2010年から食品添加物を使用したノンシアンスズ銅合金めっきの新技術を確立、量産化に成功しています。ノンシアンめっき技術確立により、めっき薬品を取り扱う社員の安心・安全の確保、かつ排水処理設備での青酸ガス発生や地下水汚染の危険度も下がり、製品にシアン化合物が残留する可能性も完全に「0」となりました。

現在、ノンシアン技術でめっきされたノンシア製品は、主に肌に敏感なベビー服などの用途に向けて、1日100万セット以上の自社加工を行っています。また、当社の表面処理は、完全ノンシアン処理を信念としており、「お客様の安心・安全および地球環境保全」を第一に「ものづくり」を考え、行動していきます。